見切り品コーナーの夫

離婚検討中の妻の声で良くあるのが↓

夫が浮気をやめてくれれば・・・


相手がこうしてくれれば、離婚しない。
相手が変わってくれれば、やっていきたい。

そう思う気持ちはよくわかる。

ただ、相手が自分の望むように変わる保証はどこにもない。

仮に、夫が改心し、平身低頭「あなたに人生を捧げます」と宣言しても、それが生涯果される保証はない。

そして、未来永劫、妻が夫を信じ続けられる保証もない。

それなら、夫が持つ、いろんなプラス、マイナスもとっぱらい、夫をひとりの人間としてみたとき、自分にとって必要か、そうでないか、考えてみるのはどうだろうか?




私は、浮気後の夫は、スーパーの見切り品コーナーにあるイタんだ果物に似ている気がする。

自分が、少々いたんでいても美味しく食べられる方法を知っているなら安く手に入っていいだろうし、いたんだ見切り品なんて安くても要らないわっと思うなら、キレイな陳列台めがけて歩いて行く。

いずれにせよ、自分の心できめるしかないのである。
[PR]
# by riyubea | 2013-02-08 18:44

子供がくれる幸せ

自分の子供がグレた友だちが、子供のいない私に言う。

子供がいなくて良かったよ。

そう言われて・・・自分は子供がいる人生を望んでいたと彼女に言った。

彼女はふっと笑って、「それはないものねだりだよ」と言い切った。


確かに、ないものねだりかもしれない。

ただ、子供がくれる幸せってあるんだろうなと漠然と未知の想像をする。

もちろん、私の子供がグレた時、それでも子供がいて良かったと絶対に思える自信はない。

彼女いわく、自分の子供がグレるということは、自分が、全精力を注いで作った作品が失敗だったと宣告されるようなもので、なおかつ、誰のせいにもできず、逃れることができない責任を持つ不幸は、何物にも変えられない辛さがあると言っていた。

その時、病気で子供が持てなかった人生の先輩からしてもらった、長く心に残る、短い話を思い出した。

それは・・・

幸せには、子供がいる幸せと、子供がいない幸せがあり、
不幸には、子供がいる不幸と、子供がいない不幸がある。

[PR]
# by riyubea | 2013-01-19 00:19

早く寝るのは大変だ~

今年になって、性懲りもなく「早く寝よう」運動を実施している。

私の夜更歴は生まれつきで、早く寝るって至難のワザだ。

でも、早く寝ると、肌のハリつやが明らかに違い、もう何が何でも早寝になるしかないと思った。

昨日は、22時にはお風呂に入ろうと思い、やることを逆算したら、なんと30分刻みで行動することになった。

ダラダラ防止に携帯のアラームを鳴らすので、時間に追われる感覚が満載で、まるで軍隊にいるかのように家中を走り回って、22時11分に入浴した。

そんなこんなでやっとこさ24時にベッドに入ったが、なんだか達成感が湧いてきて、好きな雑誌を見ていたら楽しくなって読みふけり、気がついたら見慣れた時間の2時になっていた。

あ~なんのための軍隊生活だったのか・・・

早く寝るのは本当に大変!

あ!23時過ぎたから寝る用意だ!

あ~大変~~~~~(大泣)
[PR]
# by riyubea | 2013-01-09 23:10

昭和ブーム??

昨日、トレンディドラマ全盛時代の90年に放送されたドラマを見た。

三上博史、浅野温子主演の「世界で一番君が好き!」

たまたま第1回目なので、見ていたが、出演者の服装、髪型、セリフ、行動・・・どれをとっても、この平成の時代にしていたらおかしいと思われるものの連続だった。

まず、全員のアメフト選手のような肩パッド。

加えて、好きになったら真っ赤なバラとかすみ草の花束を贈るその行動。

次に、出会ったばかりで恋愛感情もないのに、やたら路上やエレベーター内で意味もなくKISSをする。

いや、突然のKISSにも理由はあった。

その理由とは、「君の唇があまりにおしゃべりだったから・・・」

はぁ・・・これって、ただのセクハラ、または犯罪ですけど。

でも、当時は、このドラマを真剣に視聴し、服装を真似し、立派に浅野温子に憧れていた私がいる。

画面の中で使われる、やたらに大きいコードレスフォンにも憧れていたに違いない。


2、3年前、友人からカラオケに行こうと誘われたことがあった。

黒柳徹子さん司会の「ザ・ベストテン」以来歌番組を見ない私は、「昭和の歌しか知らないから行かない」と断った。

その時の彼女に言われたことがこれ↓

昭和の歌でええねん、昭和で!昭和が一番元気な時代で、昭和に活躍した人が今も活躍してんねん!だから、昭和の歌でいいねん。平成の歌なんか知らんちゅーねん!

この言い切りに圧倒された・・・昭和しか知らない自分を恥じる私に対して、昭和自慢の友人。

ちなみに、この友人とは、この手の発言で良く登場する知る人ぞ知る芦屋在住のM嬢だ。

そういえば、年末の番組でも、何故かしら昭和のアイドルが目白押しだった。

昭和って、やっぱり凄いのかな~

昭和を懐かしむ心、恥なくて良いのかしらん??
[PR]
# by riyubea | 2013-01-08 21:21

批判するメリットって何?

知り合いの何人かが自分の本を出版している。

アマゾンでも販売されており、それぞれの想いが書籍になったことを、
素晴らしいな~と心から思う。

ただ、気になるのはアマゾンのレビュー。

そんなに言わなくても・・・と読んでいて恐ろしくなるほどひどいことが書かれている。

購入した本が、自分の期待を下回った時の落胆は私にも想像できるが、公のページで、そこまで書かなくてもっと思う場面がたくさんある。

レビューで批判することは、批判の主にはどんなメリットがあるんだろう。

例えば、簡単なレシピが多かった料理本の場合・・・

こんな簡単な料理を載せていったいどう思っているのか?バカにしているとしか思えません!

確かに、自分の知っている料理、または簡単すぎると思う料理の連続ならガッカリするだろう。

でも、あえて書くなら・・・

簡単なレシピが多いので、初心者の方、料理嫌いな方には良いかもしれませんとか、他の人の参考になるように、言葉を選びながら書くこともできる。

読者にとって、どんな拙い本であったとしても、書いた本人はある意図を持って書いている。

自分の好き嫌いを大事にすることは大切なこと。

だけど、気に入らないことをそんなに大声で言うメリットが、辛辣と言われることがある私にもわからない。
[PR]
# by riyubea | 2013-01-06 23:07